蜂の活動が活発になってきたら駆除依頼をしよう

草と葉

周りを確認する

近年、ハチによる刺傷被害件数が増加しています。自然の減少とともに、人と同じ場所で生活することが多くなったのでしょう。ミツバチやアシナガバチは比較的おとなしいので、人に襲いかかることは少ないでしょう。ただ、刺激を与えると攻撃してくる可能性はありますので、注意が必要です。スズメバチは気性が荒く、人に危害をくわえることがよくあります。その中でもキイロスズメバチは身近にいますので、もっとも注意を払わないといけない蜂でしょう。キイロスズメバチは巣を軒下につくることが多いのです。気付くことなく巣の下で作業をしていると、刺されることがあるのです。夏から秋にかけて、家の周りをチェックすることをお勧めします。もし、巣がつくってあったら、近寄らずにハチ駆除業者に来てもらいましょう。

ハチはとても危険な生物でしょう。襲われると何の抵抗も出来ずに、逃げるしかないのです。キイロスズメバチのように気性が荒く、攻撃性の高い身近なハチは危険です。ですから、刺されないようにするのが一番いいのです。ハチは黒いものを襲う習性があるので、なるべく白い服装にすることや、甘い香りによってくるので、香水などをつけないほうがいいでしょう。また、ハチは上下の動きに弱いので、襲われたときは、地面に横になるのもいいでしょう。実際キイロスズメバチが家の軒下に巣を作っているのなら、ハチ駆除業者を呼んで駆除してもらいましょう。よく自分で駆除しようとする人がいますが、ハチには何の抵抗も出来ないことを認識した方がいいでしょう。危険な仕事をしてくれるために専門の業者がいるのです。